水道工事の修理業者とのトラブル解決窓口

はじめて水道工事を依頼するときは、修理業者とトラブルにならないか心配になることもあります。請求された金額で意見が合わなかったり、期待していた工事をしてもらえなかったなど、トラブルとなる原因は数多くあります。こちらでは、もしも修理業者とトラブルになってしまったときの、解決に役立つ窓口について紹介します。依頼する前の不安解消にもなりますので、ぜひ確認してみてください。

■市区町村役場の窓口でトラブルの相談について

まず、依頼した修理業者が、住んでいる市区町村が認定する水道局指定工事店の場合は、その市区町村役場の窓口でトラブルの相談ができます。
相談の方法は、いきなり窓口に訪問するのではなく、まずは、電話で問い合わせをするところから始めてください。市区町村の担当者が必要があると判断すれば、窓口まで訪問するように案内してくれます。



■修理業者のウェブサイトの窓口で相談

修理業者を利用したときのトラブルなら、ウェブサイトや電話で相談の受け付けをしています。工事や接客サービスの品質が良くなかったことをきちんと伝えることが大切です。
しっかりとした修理業者を選んでおけば、後からでも対応をしてくれるはずです。もし、それでも対応してもらえなかったら、市区町村役場の窓口に相談することになります。かりに、市区町村の認定を受けていない便利屋さんなどに依頼した場合は、消費生活センターや弁護士に相談しなければならなくなります。



■まとめ
水道の工事では、トラブルとならないように気をつけることが大切です。水道局指定工事店に指定されている修理業者に依頼すれば、大きなトラブルになることは少ないです。それでも、なにかをきっかけに業者と争いが生じてしまったときは、早期解決に向けて市区町村や修理業者のウェブサイトにある相談窓口を利用するようにしましょう。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ